お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

春のワルツ 第2話「虹の貝殻」

小さいころのチェハ(スホ)とウニョンの心あたたまるシーンをふんだんに見ることができます。話はチェハの父とスホが父の生まれ故郷である島にやってきます。おじいさんをたずねてやって来たけど、もう亡くなっていた。

父は幼なじみの女の人に偶然会ってしまった。ウニョンの母は、ウニョンを育てるのに苦しい生活なのだがスホを預かることになる。一度捨てられた事のあるスホは、また捨てられるんだと落ち込むが、父はスホを騙してひとりソウルへ帰ってしまう。落ち込んだスホはソウルのことばかり考えて小さな子供を騙してはお金をためてなんとかソウルに帰りたいと思う。

お兄ちゃんが出来たウニョンは、「ずっと友達が欲しいってお願いしてたら、お兄ちゃんができたの。こんどはお兄ちゃんとずっと一緒にいられるようにって祈るの・・・」って言ってスホを慕っているがスホはソウルの事しか考えてなくて、心を開かないスホです。

ウニョンは、ずっと体が弱くて、友達も居なかったので、お兄ちゃんが出来たのが嬉しくてしょうがないだよね。学校でばかにされても懸命にスホをかばうウニョンです。そしてある日、ウニョンとスホはささいなことでケンカをして、スホはソウルに行くと言って、家を飛び出してしまうが・・父の居場所も知らないし、船代もないスホは、結局戻ってきてしまいます。

この時、スホは船を見て涙を流しているウニョンを見つけます・・・。

・・・スホが行かなかった事で喜ぶウニョンだが、そんなことしなきゃいいのに、スホはウニョンには、ひねくれたことを言い、今度は泳いでソウルに行くっと言って海に入っておぼれたふりをする。

ウニョンは、体が弱くて、手術をしないといけない病気なのに・・スホの行動に驚いたウニョンはスホを助けようと突然、海に飛び込んでしまい、意識不明の重体になった。

スホはウニョンのために、ウニョンがいつもお祈りしてる所で、「ウニョンを助けてください。ウニョンさえ元気になるなら、何でも言うことをききます」ってお祈りした。

実はウニョンに手術をうけさせるため、ウニョンの母は、必死で働いて手術代をためていた。そんなこととは知らず、スホは自分のとった行動をすごく後悔し、自分を責めてしまいます。そんなスホに、ウニョンの母は優しく声をかけ、「これ、ウニョンから頼まれたものだよ」と渡したのはハンバーガーだった。

ウニョンは一生懸命貝殻細工を作り、それを売ってこつこつお金をためて、ウニョンはお兄ちゃんにハンバーガーを買ってきてもらうために町に行く人に頼んで買ってきてもらったものだった。そうと知った、スホはウニョンの元に行き、「絶対どこにも行かないから」って涙するスホです。よかった!・・・ウニョンは気がついて、その言葉を聞いてとても喜んだ。

スホの父が帰ってきて、これからは島に住むと言われた。スホはこれでウニョンと離れなくてすむことになると大喜びをする、それからスホはウニョンをすごく大事にして、いつも仲良く遊んでいたが・・・スホはウニョンに本当のことを話してしまう。「サギしで、ドロボウなんだ。それでもお前のお兄ちゃんで居られるか?」。驚いたウニョンは何も言ずにその場を去ってゆく!きれいな虹が現れる。

小さなころのせつない淡い心がうまく表現されてます。ずっとまえに、小さな恋のメロディーという映画がありました。トレーシーハイドとマークレスターだったね。サウンドトラック曲は今でも耳にすることがあります。
春のワルツ次回の放映が楽しみです。

毎週:nhk総合 毎週土曜日 夜11:10〜00:05分まで 全20話です。